看護師免許を活かして、病院以外のフィールドで活躍するナースがたくさんいます。

病院以外で活躍する企業看護師たち

企業の社員として働く産業保健師

一般企業で働く看護師の中で、最も人気なのが産業保健師です。産業保健師の業務は企業によって異なりますが、医務室などに置かれる場合は、病気やけがの応急処置、産業医のサポートなどを行い、健康管理室などに置かれる場合は、健康指導や健康診断のサポートなどを行うことが多いです。また職場でのうつ病などが問題になるにつれ、社員の相談に乗ったり、メンタルヘルスを管理することも、産業保健師の重要な役割となっています。

 

勤務形態については、週休2日の日勤がほとんどで、勤める企業の社員と同じです。夜勤はなく、残業も少なめ。病院での激務がきつくて辞めたという方にとっては、とても働きやすい職場かと思います。しかも、給料は比較的高めですし、労働組合を置く企業などでは、給料アップも期待できます。

 

産業保健師は一般企業の一社員です。病院で働いていた方は、OLとして、まったく違った世界で働くことを、エンジョイできるでしょう。でも当然、ビジネスマナーも病院とは違うということを、忘れないでくださいね。服装や髪型、言葉遣いなど、企業におけるビジネスマナーをおさえておきましょう。産業保健師の募集は、大企業などに限られ、また欠員が出たときに募集することが多いです。決して広き門とは言えませんが、年齢制限も緩めですので、あきらめずにチャレンジしましょう。産業保健師は事務的な業務も多いので、ワードやエクセルなどのパソコンスキルを磨いておくのもいいですね。

 

産業保健師は、一般の会社で働く企業看護師の代表的な職種といえるでしょう。
看護師免許はもちろんですが、保健師の資格や産業カウンセラーの資格などを持っていると有利です。

 

看護師の転職関連 注目サイトPickUp!

看護師の転職を専門にサポートしてくれる人材紹介会社が見つかります・・・看護師 求人
期間限定の派遣ナースや短期・単発アルバイトを探すのに便利です・・・看護師 求人 単発バイト

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ